月別アーカイブ: 2017年4月

男性が脱毛をする時に痛みはあるのか

痛みの原因は
脱毛をする時に痛みを伴うのでしょうか。医学が発達した現代において脱毛をする人は増加傾向にあります。今現在の主流は光脱毛とレーザー脱毛です。一昔前であれば電気脱毛が主流でした。自分自身で脱毛をする場合でも、毛抜きなどであれば痛みを伴います。毛穴を傷つけると余計に痛みを伴います。光の強弱によっては皮膚が火傷をしたような状態になってしまうことがあります。これは全員が必ずなるというわけではありません。皮膚が弱い人がなってしまうので、思い当たる人は注意が必要です。しかし、痛みを伴うことで即効性が増します。痛みを伴わないということはじっくり、ゆっくり進めて行くということを意味しているのです。

痛みを和らげるには
光脱毛は痛みを伴わないことが特徴の一つとなっています。レーザー脱毛に比べて光の強さが弱いので、肌に与える影響が最小限に抑えることが出来ます。毛根組織を破壊するものではないため、お肌に優しいのです。しかし、その反面永久脱毛ということではないので、期間限定の脱毛であることは注意しなければなりません。効果としては以前よりは生えてくる量が少なくなったり、毛が薄くなってきます。自己処理の頻度や労力が少なくなってくるようになります。

光脱毛の種類
光脱毛にはSSC脱毛とIPL脱毛があります。SSC脱毛はイタリアで開発された脱毛で、美肌効果も含まれています。独自開発されたジェルの上からクリプトンライトという光を当てることによって光とジェルの相乗効果を生み出して、刺激のない美白製毛が出来ます。毛根と肌に直接ダメージを与えません。IPL脱毛はインテンス・パルス・ライトという脱毛法です。特殊な光を使用して、一度の照射範囲が広くて短時間での施術が出来ます。波長が幅広く全身の脱毛にも向いている脱毛法です。こちらもそこまで痛みを伴うことはありません。しかし、男性は元来、女性に比べると痛みに弱いということもあり、痛みは脱毛を考える上で重要なことです。