医療としての脱毛は男性でも

脱毛の種類
一言で脱毛と言っても、脱毛の種類は一つではありません。カミソリで剃ったり、脱毛クリームや毛抜きなど自己処理での種類だけでも色々あります。自己処理が出来るようなレベルであれば脱毛しなければならないということでもあるのです。自己処理であれば比較的安価ですが、知らないうちに肌を傷つけてしまい、肌トラブルになるということが多いです。このため、脱毛サロンやクリニックでの脱毛を希望する男性が増えてきています。脱毛には光脱毛、医療脱毛、電気脱毛といったものがあります。光脱毛は現在の主流です。総合エステや脱毛サロンなどで治療を受けることが出来るものですが、サロンにより使用している機械に違いがあり、光やジェルなども使っている種類が異なります。自分自身にどれが合っているのかは試してみないと分からない部分もあります。十分に話を聞いて決断しなければなりません。

医療脱毛とは
医療脱毛はレーザー脱毛のことです。レーザー脱毛は医療行為で、皮膚科や美容外科、クリニックでのみ施術することが出来ます。基本的には皮膚の表面にメラニン色素に反応するレーザーに当てることで、熱によって毛母細胞や毛乳頭と呼ばれる皮膚の表面を壊すことが可能になるのです。これによって毛根を焼き切ることが出来るので、永久脱毛が可能となるのです。しかし、痛みを伴うことが多いので、信頼できるクリニックを選択しなければなりません。

医療脱毛の特徴
光の出力が強く、光脱毛と比較すると効果が表れるのが早いです。出力が強いことで、一度に広範囲の脱毛が可能となり、通院回数も他のサロンやエステに比べると、より少なくて済みます。しかし、光が強いがゆえに痛みを伴い、肌が熱で火傷したような状態になることもあります。皮膚が弱い人にとってはかなり厳しい条件です。しかも脱毛サロンに比べて医療クリニックはあまり店舗数がありません。選択肢が少ないということも覚えておきましょう。